近隣ビルの外壁塗装で体調が悪くなった際どこに相談すればよいか

マンションにお住まいの方(Aさんとします)から、近隣商業ビルの改修工事に伴う臭いについてご相談がありました。

 

以前にこのビルが外壁工事をした際、塗料の臭いで具合が悪くなってしまいました。また近々工事を行うようで、足場の組み立てが始まっています。

Aさんは塗料の臭いに反応し、全身の皮膚にアレルギー症状が出るそうです。更に喘息を持っているとのこと。

 

数日前、工事を請け負う建設会社の担当者が工事開始の挨拶に来られたため、その時に「化学物質に弱いので対策を取ってください」と申し入れをされました。

ところが、その後何の対策も無いことから、自身の住むマンション管理事務所、商業ビル管理会社、下請け建設会社、元請建設会社にも対策をしてもらえるよう何度もお願いするも、たらい回しにされるばかり。

ついには元請会社の上層部の方にまで直談判しに行ったそう。

 

その会社のホームページには「環境に良いことをしている」と書いてあるのに、やっていることは全く違います。

ビルオーナーさんは少しでも予算を抑え、建設会社は仕事を失注しないように予算と納期を守るだけ。

どう思われますか?

 

困り果てたAさんは、インターネットで探したところ、私のブログを見つけ、連絡をくださったという経緯でした。

ご覧いただいたブログはこちらです。

外壁塗装の「におい対策」に塗料用リバース溶液
塗料だから臭いが出るのは当たり前? 塗装にあたって、まずは予算決めの見積もりですが、シリコン樹脂・水性・油性、どの塗料を使うのか、カタログと色見本で悩みます。 「種類によって耐久性と値段が違います」と業者さんの説明があります。 ...

 

ブログ内で紹介した弊社製品を使ってもらえないかと建設会社に提案してみるも全く反応なし。

 

困りました。何かできることはないのでしょうか?

 

予算も納期も決まっている、ましてや聞いたこともない会社のそんな商品なんて怖くて使えないという建設会社の立場もよく分かります。

(頑張って何とか認知していただけるよう頑張らなくては!)

そうはいってもAさんにとっては非常に差し迫った問題です。

 

工事会社、建物管理会社等に相談してもダメな場合はここに相談するのも有効

お客様自身がすぐにできる方法としていくつかの提案をしました。

  1. その都道府県内で化学物質過敏症に詳しい法律事務所に相談する
    相談料など費用が少しかかります。
    Aさんに対しては、私が存じ上げている法律事務所をご紹介しました。
  2. 地方自治体の建築にまつわる課・そのエリアを管轄する保健所・消費者センターにアドバイスを受ける
  3. 病院を受診し、ご自身の症状の診断書をもらっておく
    これは効果を発揮します。
    診断書を見せることで事の重大性を認識してもらえます。
    「うるさい人だな」とただのクレーマー扱いをされずに済みます。

 

その後の世間話の中で、リフォームして窓をペアガラスに交換したいと仰っていたので、可能であれば更にそこに後付けできるタイプの樹脂サッシ(窓のフレームが樹脂製の窓)を付け、2重にすると断熱性向上だけでなく外気の遮断にも効果的ですとお伝えしました。

また、お部屋の壁・天井の塗り替えもするようであれば、弊社の珪藻土塗料(リバースコート)がおすすめですよ、と最後は少し宣伝もさせていただきました。