家具の臭い低減に効く「リバースワックス」のチラシ作成

早いものでもう2月も終わりですね。

今月は抗酸化陶板浴のお店「陶板浴にいつ」のパンフレットなど、印刷物のリニューアルをいくつか並行して進めていました。

お店のパンフは冊子形式よりA4三つ折りの方が気軽で良いのかも
私の仕事のひとつに、弊社そばにある抗酸化陶板浴のお店「陶板浴にいつ」のパンフレット制作があります。 前回印刷した分の在庫が段々少なくなってきたらしく、先日増刷を依頼されました。 修正点も特になかったので前回と同じように印...

 

このたび、そのうちの一つが何とか形になりました。

それがこちら。

家具の臭いを消す、リバースワックス

家具の臭いを消す、リバースワックス

 

このリバースワックスという製品は、元々はシックハウス対策・消臭効果のある表面仕上げ用ワックスです。

過去には消臭効果に焦点をあて、業者様やペットのいるご家庭向けにこんなチラシも作りました。

製品チラシ第二弾・消臭するワックス「リバースワックス」
先日、野菜の鮮度を保つ袋「テラパック」のチラシを作りました。 このように、新しい取り組みとして、個別の製品チラシを作ることに力を入れ始めました。 テラパックのチラシはその第一弾。 そしてこの度、第二...

 

今回は、従来の床用ワックスとしての使い方とは違う方向性で打ち出すために上記のチラシを作成。

家具に塗ると家具独特の臭いが消えるという効果もあるんですが、今まではあくまでも床に塗ることをメインに伝えていて、「家具にも塗れますよ」はさらっとオマケ的にしか発信していませんでした。

なので今回は思い切って家具に絞ってみたわけです。

 

伝えたい相手を絞ると、不思議と書くことも明確になっていき、やっぱり絞るってのは大切なんだなと感じました。

キャッチコピーもかなり直球な表現ですが、社内でたたき台をチェックしてもらったときから概ね好評。

自社で考える場合は、奇をてらったり変にひねりすぎたりせず、シンプルかつ分かりやすく、読む人にとっての“嬉しい”を込めたストレートな言葉が良いみたいです。

プロのコピーライターさんなどに頼めば、ありきたりな表現でないながらも的確な言葉を生み出してくれるでしょうけど。

キャッチコピーの作り方は以前参加したセミナーが非常に勉強になりました。よろしければその際のレポート記事をどうぞ。

キャッチコピーは「消費者がその商品から得られる嬉しさ」を伝える
三連休の初日14日(土)、新潟県が実施する在職者向け職業訓練で新潟テクノスクールに行ってきました。 受講した内容は初心者向けのコピーライティングで、その名も「書きたくて・・・夏。仕事で活かせるコピー講座-初心者向け」。 コピーラ...

 

画像はありませんが、裏面は使い方や注意事項、お客様の声などが入っています。

ひとまずこれで完成。

まずはこのデザインで、社長が参加している異業種交流会など様々な場面で見てもらって、随時手直ししていこうと思います。

 

画面中央の刷毛を持った手の写真は、元々の写真に余計な背景があったので切り抜いています。

切り抜き後の写真。直線が多くて比較的楽でした

切り抜き後の写真。直線が多くて比較的楽でした

Photoshopでの写真切り抜きもだいぶ慣れてきました。

切り抜いた写真をTwitterに投稿すると、いつもお世話になっているウェブマスターがスキルアップのためのアドバイスをくれることもあります。

いただいた助言を参考にして、分からないことは調べながら実際に手を動かす。

そうして学んだことをメモ代わりにTwitterでシェアしたりブログ(Photoshopというタグで整理しています)に書いたり。

それを繰り返していたら少しずつ出来ることが増えてきました。

社長の名刺や他のパンフレット、広告などまだ仕掛中のものが多いですが、楽しみながらやっていきます。

 

投稿者プロフィール
熊木 勇太

1987年生まれ。株式会社リバースジャパンのWeb担当として、ウェブサイト・SNSの更新、製品カタログ等の販促物制作、社内環境整備を担当。大学卒業後は印刷会社に入社。営業として様々な印刷物・Web制作に携わる。この体験から、企業が自ら情報発信して伝えることの大切さを感じ、リバースジャパン入社後はWebサイトリニューアルやSNSでの発信、パンフレット等の新規作成など情報発信に務めています。高校生の頃に鑑賞して以来、長岡花火が1年で最大の楽しみです。

熊木 勇太をフォローする
制作したもの
リバースジャパン スタッフブログ