印刷通販を利用してコストを削減。よく使うサイトの紹介

先月から用紙価格の値上がりが始まったそうです。

【2019.01.30】用紙価格の値上がりについて
2019年1月から用紙の値上がりが始まりました。基本的には、約2割程度仕入金額が上がるようです。全製紙メーカーが一律で用紙の価格を値上げするため、印刷業界全体に与える影響はとても大きいと思います。弊社は...

商品のチラシだったり会社案内パンフレット、商品名ラベルなど印刷物を発注している人にとっては大いに関係のある話題。

ペーパーレス化を進めている会社も多いとは思いますが、それでも紙媒体が完全になくなるということはないと思います。

 

私たちもパンフレットを作っていますが、数年前から少しずつ発注の仕方が変わってきました。

従来は全て印刷会社さんへ発注していましたが、印刷通販を利用する頻度が徐々に高くなってきたのです。

 

印刷データを自分で作る必要はありますが、そこをクリアできれば印刷費用をかなり抑えることができる印刷通販。

「この条件だと○○円」「それを□□に変えると××円」というように、見積金額が素早く分かるのも非常に便利です。

利用方法なども丁寧に説明されていますし、illustratorなど専門のデザインソフトで作ったデータ以外にWordやExcelで作ったデータでも対応してくれる会社もあるので、印刷通販の利用はどんどん身近になっていくのではないかと思います。

 

現在私が主に使っている印刷通販は3つあり、作成するものによって使い分けています。

  1. プリントパック
  2. シール印刷プロ
  3. シール直送便

 

基本的に使うのはプリントパックです。

何かを作ろうと思ったら、まずはこちらで価格をチェック。

チラシやパンフレット、封筒、名刺などの作成で利用しています。

印刷データ作成用のテンプレートが豊富に揃っているので、データ作成の手間が省けるのが嬉しいポイント。

 

パンフレット等に貼る訂正シール・製品ラベルなどのシールを作る際に利用しているのが、シール印刷プロシール直送便

どちらも扱っている用紙は豊富ですし、価格も安いです。

使いたい用紙・価格を比べて利用する方を決めています。

 

シール直送便は納期が6営業日・4営業日・2営業日から選べて、4営業日の場合は6営業日の1.3倍、2営業日は1.5倍と選択した納期によって価格が変わります。

 

シール印刷プロの方は、 午前中までに注文とデータ入稿を完了すれば翌営業日に発送してくれます。

急ぐ場合は納期短縮オプションを付ければ当日発送も可能に。

訂正シールなど、1日でも早く手元に欲しいという場合はシール印刷プロがおすすめです。

 

いずれのサイトも、印刷見本を兼ねた用紙サンプルを無料で提供しています。

用紙の手触りや強度などの質感、印刷の品質、シール糊の強さを実際に触って確かめることができるので、いきなり発注せずにまずはサンプル請求から始めてみると良いと思います。

無料サンプルご請求について|印刷のことなら印刷通販【プリントパック】

シール印刷プロ | シールサンプル 配送先入力

サンプル請求フォーム|シール印刷ならシール直送便

 

印刷通販は良いことばかりじゃないか!

と思いきや、そうとも言い切れません。

価格が安く納期も早い反面、複雑な仕様にしたい場合にそれを伝えるのが困難だったり、あるいは対応していないというデメリットもあります。

そういった場合はやはり営業マンのいる印刷会社さんの方が便利です。

状況に応じて使い分けていくのが良いですね。

 

投稿者プロフィール
熊木 勇太

1987年生まれ。株式会社リバースジャパンのWeb担当として、ウェブサイト・SNSの更新、製品カタログ等の販促物制作、社内環境整備を担当。大学卒業後は印刷会社に入社。営業として様々な印刷物・Web制作に携わる。この体験から、企業が自ら情報発信して伝えることの大切さを感じ、リバースジャパン入社後はWebサイトリニューアルやSNSでの発信、パンフレット等の新規作成など情報発信に務めています。高校生の頃に鑑賞して以来、長岡花火が1年で最大の楽しみです。

熊木 勇太をフォローする
販促
リバースジャパン スタッフブログ