ダイソーの積み重ねボックスでキッチン下引き出し内をスッキリ

最近は暇さえあれば「LIMIA(リミア)」っていうサイト(アプリもあります)で色々な収納術を眺めてます。

 

「住まい・暮らし」に関する、魅力的なアイデアが集まる場

建築、リフォーム、リノベーションなどの住まいづくり、
及びインテリアや収納、DIYなどの暮らしに関するアイデアが毎日多く公開されています。
また、自分自身でアイデアを発信し、シェアすることもできます。

出典:LIMIA (リミア)とは

 

アイデアが非常に豊富で、「これこれ!これがやりたかったんだ!」という収納術などがたくさん見つかって最高に楽しいのです。

これを周囲に話しても「はぁ、そうですか…」程度の反応ですが(笑)

 

さてタイトルの件。

今回実行したのは、ダイソーの「積み重ねボックス」を使ってキッチン下の引き出し収納を整理する方法です。

 

キッチン下の大きい引き出しはたくさん収納できるにもかかわらず、今までは何でもかんでもとりあえず入れるだけ。

これが長い間ストレスだったんですが、引き出し内にこのボックスを置いて仕切り、そこに色んな食品をグループ分けして入れていくと…かなりスッキリ!

積み重ねボックスで引き出し内を仕切りました

仕切られているだけで整って見えます

それぞれのボックス内に何を入れるかは試行錯誤しながら変えていくと思いますが、とりあえずきちんと仕切ったことにより整って見えるようになったのがとにかく嬉しいです。

 

今回使ったのは積み重ねボックスの「大 深型」と「小 深型」。

このボックスは無印良品の「ポリプロピレンメイクボックス」と瓜二つということで非常に人気があるようで、上記写真の数を揃えるまで各地のダイソーを回ること3店舗。

特に「大 深型」はどの店舗でも品薄だったので見つけたらラッキーです!

 

ダイソーの積み重ねボックス、良いですよ。

見ているだけで楽しい、積み重ねボックスを使った収納アイデアはこちら↓

「積み重ねボックス」に関するアイデア一覧

 

投稿者プロフィール
熊木 勇太

1987年生まれ。株式会社リバースジャパンのWeb担当として、ウェブサイト・SNSの更新、製品カタログ等の販促物制作、社内環境整備を担当。大学卒業後は印刷会社に入社。営業として様々な印刷物・Web制作に携わる。この体験から、企業が自ら情報発信して伝えることの大切さを感じ、リバースジャパン入社後はWebサイトリニューアルやSNSでの発信、パンフレット等の新規作成など情報発信に務めています。高校生の頃に鑑賞して以来、長岡花火が1年で最大の楽しみです。

熊木 勇太をフォローする
整理整頓・インテリア・DIY
リバースジャパン スタッフブログ