名刺を新しく作ります!

こんにちは、リバースジャパンのブログ担当・熊木勇太です。

リバース工法のパンフレットを新しくしてから1ヶ月ほど経ちましたが、

手に取っていただけた方から、

「見やすいね」

「前よりも分かりやすくなったね」

という風に声をかけていただくことがありました。

 

作成を担当した者としてはこれほど嬉しいことはありません。

これをエネルギーにして、これからもっとたくさんの情報発信に努めていきます!

 

 

さて、情報発信といえば、

今回作ったパンフレットなどの冊子はもちろんその方法のひとつですが、もっと身近にも情報発信できるツールがありますね。

 

営業さんがよく使っているアレです。

 

 

 

 

そう、「名刺」です。

 

現在の名刺

今使っている名刺。とってもシンプルです。

 

 

名刺について面白い記事を見つけたのでご紹介しますね。

あなたの個人の価値を伝えるための紙販促物 名刺活用
反応がよかったFacebookの投稿 「何の仕事をしているんですか?」 「カラーセラピストです」 「カラーセラ…

 

これを読んで、思わず「ナルホド!」と思いました。

 

人に会うとき、名刺交換をする機会が多いと思います。

(最近はSNSが発達してきているので、名刺交換をしない場合もあるらしいです。驚き!)

 

そのとき、いただいた名刺にはひと通り目を通しますよね?

そこに書いてある情報がきっかけで話が盛り上がったりすることもあったり…

 

そう考えると、私が今使っている名刺はすごくもったいない状態なんだなって思ったんです。

 

せっかく目に触れて読んでもらえることが多いのに、載っているのが「リバースジャパン」と「リバース工法」だけ。

 

これが大企業であったり、有名な製品・サービスであれば、社名や製品名・サービス名だけでも「どんな会社か、何をしているのか」が伝わりますが、当社のように社名だけ、まだあまり知られていない「リバース工法」という単語だけを載せても、初めてお会いする人には伝わりにくいよね、と気づきました。

 

 

そこで、名刺を直してみることにしました!

 

  1. カンタンにいうと、どんなことをしているのか
  2. 上記1.を詳しく紹介
  3. ウェブサイトもありますよ、と伝える(せっかく新しくしたので)
  4. その会社で働く私(社員)はどんな人物なのか

 

上記のような項目を盛り込んでいきます。

 

このボリュームを入れるとなると、いわゆる普通の名刺(91mm × 55mm)片面だけではとても内容が入り切りません。

なので、名刺の仕様も変えちゃいます。

 

とはいえ、名刺入れに入らないサイズにしてしまうと、受け取ってくださった相手の方に迷惑がかかってしまうかもしれませんので、横91mm × 縦55mm は変えません。

 

では、サイズを変えずに内容量を増やすにはどうするでしょうか?

 

 

 

正解は、「二つ折り」にしちゃいます!

 

普通の名刺だと、片面印刷にするか、両面印刷にするかで、1ページまたは2ページ分しかスペースがありません。

 

二つ折りにすることで4ページ分も内容を入れることができますし、折ってしまえば普通の名刺と同じサイズになります。

 

そうすれば今回盛り込みたい上記の項目も何とか入りそうなので、いざ制作開始!

 

 

と言いたいところですが、実はもう出来上がっていて、あとは納品を待っている状態です(笑)

 

「どんな名刺が完成したのか気になる!」と思ってくださった方は、これからお会いしたときにでも、ぜひもらってやってください^^

 

「会う予定はないけど欲しい!」という方がいましたらご連絡ください(笑)

 

それではまた次回!

 

投稿者プロフィール
熊木 勇太

1987年生まれ。株式会社リバースジャパンのWeb担当として、ウェブサイト・SNSの更新、製品カタログ等の販促物制作、社内環境整備を担当。大学卒業後は印刷会社に入社。営業として様々な印刷物・Web制作に携わる。この体験から、企業が自ら情報発信して伝えることの大切さを感じ、リバースジャパン入社後はWebサイトリニューアルやSNSでの発信、パンフレット等の新規作成など情報発信に務めています。高校生の頃に鑑賞して以来、長岡花火が1年で最大の楽しみです。

熊木 勇太をフォローする
販促
リバースジャパン スタッフブログ