iPhone7をケースなしで使う問題、持ったり置いたりするときガツンとなるのが心配で少し改良しました

先日からiPhone7本来の薄さを体感すべく、ケースを外して裸で使い始めました。

詳しくは前回の記事をご覧ください。

iPhone7を裸で使いたいけど落とすのが心配な方へ。iRingを付けたら持ちやすくなって見た目も良い感じです。
タイトルの通り、iPhone7のケースを外して裸の状態で使い始めました。 高額なものですので、購入した瞬間からずっとケースを付けてきました。 カードポケットが付いた手帳タイプ、何もないただの透明な樹脂製のケース、バンカーリング付...

 

スリムになってカッコいい反面、ケースが無いことで本体はむき出し。

数日使ってみて思ったのは、持ち上げる際にさらっとしたアルミボディが滑ったり、テーブルに置く際にガツンと置いてしまうと傷がつきそうでそーっと置く必要があったりと、不便な点もあるなということ。

側面(外周部)だけでも滑りにくい素材で保護する必要性が出てきました。

ケースを付けてしまうと裏側も守られる代わりに厚みが出て、iPhone本来の薄さを感じられなくなります。

側面だけを守る、でピンと来たのがバンパーケース。

ただバンパーケースで調べてみるとアルミっぽい素材だったり、かっこいい代わりに滑りそうなものが多かったです。

側面を保護する目的から言えばそれで合格なのですが、滑りにくくするのも大切な役割。

 

色々検索して購入したのがこちら。

エレコムのハイブリッドバンパー

エレコムのハイブリッドバンパー

 

ポリカーボネート、TPU(熱可塑性ポリウレタン)製のバンパーケースです

ポリカーボネート、TPU(熱可塑性ポリウレタン)製のバンパーケースです

Amazon CAPTCHA

 

装着するとこんな感じに。

色が透明なので見た目への影響は最小限

色が透明なので見た目への影響は最小限

 

角もしっかり守ってくれそうです

角もしっかり守ってくれそうです

 

別角度から撮影

別角度から撮影

 

側面だけとはいえ、裸で使うよりはどうしても厚くはなってしまいます。

それでも、背面の見た目はあまり損なわれていませんし、持ち上げる際に滑って落とす、置いたときの衝撃で傷がつくといった心配を低減。

これなら十分。

完全なケースなしでの使用とはいきませんでしたが、かっこよさと安全のバランスを取ったこの組み合わせで使っていきます。

 

以上、iPhone7をケースなしで使いたいけど心配事もあるという問題の追記でした。

 

投稿者プロフィール
熊木 勇太

1987年生まれ。株式会社リバースジャパンのWeb担当として、ウェブサイト・SNSの更新、製品カタログ等の販促物制作、社内環境整備を担当。大学卒業後は印刷会社に入社。営業として様々な印刷物・Web制作に携わる。この体験から、企業が自ら情報発信して伝えることの大切さを感じ、リバースジャパン入社後はWebサイトリニューアルやSNSでの発信、パンフレット等の新規作成など情報発信に務めています。高校生の頃に鑑賞して以来、長岡花火が1年で最大の楽しみです。

熊木 勇太をフォローする
日常・つぶやき
リバースジャパン スタッフブログ