精肉店直営ならではの美味しさ・お手頃価格が嬉しい旧新津市「箱岩」でランチ&食後に周辺ブラブラ

今日は地元・新津でお昼ご飯を食べようということになり、こちらにお邪魔しました。

新津本町の箱岩

新津本町にある箱岩さん

 

 

箱岩さんは、精肉店が直営している料理店です。

新津には数十年住んでいますが、実は入ったのは初めて。

周りから「美味しいよ」と聞いていて、ずっと気になっていたので念願の訪問です。

 

1階が精肉店、2階が料理店になっています

1階が精肉店、2階が料理店になっています

 

階段を上がって店内に入ると、カウンター席と座敷席がありました。

ラッキーなことに座敷席が空いていたので着席。

小さい子供がいるので座敷席は本当に助かります。

 

精肉店ならではの魅力的なメニューがお手頃価格で

土日祝日のサービスランチメニュー

土日祝日のサービスランチメニュー

 

お店おすすめのメニュー

カキフライには非常に惹かれました

 

ヒレ・ロース定食の説明書き

お肉屋さんのヒレカツ・ロースカツが一度に楽しめる、魅力的なメニュー

 

箱岩のメニュー表

肉丼・すきやき丼もかなり美味しそうです

 

悩んだ挙句、今回はヒレ・ロース定食に。

ちなみに上記のメニューの中で「玉かけかつ丼」というものがありますが、こちらは卵で閉じられたかつ丼のこと。

新潟で「かつ丼」というと一般的にはタレカツ丼を指します。新潟県人には定着していますが、県外の人は驚くかもしれない、新潟あるあるネタです(笑)

 

箱岩のヒレ・ロース定食

ヒレ・ロース定食

 

ヒレ、ロースとも柔らかくて美味しく、さすが精肉店直営といった感じです。

トキっ子くらぶの会員証を提示すると子供にデザートのサービスが受けられるようで、今回、うちの子供はいちごソースのかかったソフトクリームをいただきました。

 

駐車場は3ヶ所あり

私たちがそうだったんですが、初めて行く人は駐車場が分かりにくいかもしれません。

駐車場は3ヶ所あります。

  1. お店斜め向かいの「タカノ美容院」隣にあるガレージの、向かって左と真ん中の2台
  2. 本町3丁目駐車場
  3. ルパルク駐車場
箱岩の駐車場案内図

詳しい駐車場案内がメニュー表に書いてありました

 

箱岩の駐車場その1ーお店斜め向かいの「タカノ美容院」隣にあるガレージ

駐車場その1-お店斜め向かいの「タカノ美容院」隣にあるガレージ(3台分あるうちの左側・真ん中)

ガレージの駐車場はお店で案内を見て帰るときに確認しましたが、初めて行ったときにここが駐車場だと気づくのは難しそうです。

この駐車場が埋まっていた場合は、新津郵便局向かいの本町3丁目駐車場またはルパルク駐車場へ。

ルパルク駐車場は本町3丁目駐車場のすぐ隣なので、新津郵便局に行くと両者ともすぐに分かるかと思います。

本町3丁目駐車場、ルパルク駐車場を利用の場合は、2,000円以上飲食すると駐車券がいただけるそう。

私は本町3丁目駐車場に停め、ギリギリ2,000円を超えたので1時間無料券をいただきました。

ありがたいことにお値段がリーズナブルなので、家族3人ぐらいだともしかすると2,000円を超えない可能性も。

 

駐車場もしっかりあるので、徒歩圏内に住んでいる・勤務している以外の人も安心して来店できます。

座敷もありますし、子供にサービスも受けられるしで、我が家もリピート決定です。

次のランチではタレカツ丼(メニュー上は「かつ丼」)を食べにきます。

いや、すきやき丼も捨てがたい…

夜に来てすき焼き食べるのも魅力的…

次回の来店が楽しみです。

 

ランチ後の周辺ブラブラも良し

食後は、昔ゲーム屋の「COMG!(コング)」だった場所にできた駄菓子屋さん「駄菓子や昭和基地一丁目C57(通称:しごなな)」へ。

店内は大賑わいで、子供はもちろん大人もウキウキ。

「懐かしいー!」

「昔コレ〇〇円だったよね」

といった声があちらこちらで聞かれました。

無論、私もその一人でしたが(笑)

C57しごなな
新潟県秋葉区新津駅近くにある、めで鯛ラーメンの紹介ページです。 その名のとおりタイを使ったラーメンを提供しています。おすすめは、タイのだしを堪能できる、塩ラーメン
駄菓子や昭和基地一丁目C57
駄菓子や昭和基地一丁目C57、新潟市 - 「いいね!」855件 · 5人が話題にしています · 627人がチェックインしました - わたあめ機が稼働しています。 好きな色のざらめを選び、作るわくわく感。 ご来店お待ちしております。

 

最後に、しごなな近くにあるこちらのおしゃれな建物に。

八帖二間(はちじょうふたま)

八帖二間(はちじょうふたま)というそうです

地元の建築会社が古民家をリノベーションした建物で、その建築会社の事務所?や、秋葉区・ウオロク近くにある洋菓子店「サンカントピュール」の別路線の焼菓子店「あきは日和」という店が入っています。

【八帖二間】古民家を改装した和の空間に建築会社と焼菓子店が共存|新潟市秋葉区
新津本町地区を活性化する「パッチワークプロジェクト」の一貫として、古民家をリノベーションした店舗「八帖二間」が誕生。ここに、秋葉区を中心に活動する建築会社「にいつ住宅研究所」と、秋葉区の洋菓子店サンカントピュールのスピンオフ店である「あきは日和」が出店。

 

あきは日和の入口

あきは日和の入口。良い雰囲気です。

サンカントピュールに並ぶお菓子とはまた違っていて、新しい新津の手土産になりそうです。

 

新津の街もしばらく歩かないうちに色々と変わっていました。

久しぶりにブラブラしたら楽しい発見がたくさん。

また訪れようと思います。

投稿者プロフィール
熊木 勇太

1987年生まれ。株式会社リバースジャパンのWeb担当として、ウェブサイト・SNSの更新、製品カタログ等の販促物制作、社内環境整備を担当。大学卒業後は印刷会社に入社。営業として様々な印刷物・Web制作に携わる。この体験から、企業が自ら情報発信して伝えることの大切さを感じ、リバースジャパン入社後はWebサイトリニューアルやSNSでの発信、パンフレット等の新規作成など情報発信に務めています。高校生の頃に鑑賞して以来、長岡花火が1年で最大の楽しみです。

熊木 勇太をフォローする
日常・つぶやき
リバースジャパン スタッフブログ